グレヴィレア カンタベリーゴールド
5c0a96db1444483c34f9b4df 5c0a96db1444483c34f9b4df 5c0a96db1444483c34f9b4df 5c0a96db1444483c34f9b4df 5c0a96db1444483c34f9b4df 5c0a96db1444483c34f9b4df 5c0a96db1444483c34f9b4df 5c0a96db1444483c34f9b4df 5c0a96db1444483c34f9b4df 5c0a96db1444483c34f9b4df 5c0a96db1444483c34f9b4df

グレヴィレア カンタベリーゴールド

¥11,880 税込

送料についてはこちら

学名 :Grevillea ‘Canterbury Gold’ 植物の特性や特徴  低木で横に広がるタイプのグレヴィレア。 高さは1~1.5mくらい、幅が2~3mほどになります。 黄色い小さな花は、オーストラリアでは年中咲くそうですが、 日本では春と秋が多いです。 オーストラリアではグラウンドカバーとして使われたり、 通路脇の花壇に植えて広がらせたりと、いろいろな使い方で 人気があります。 両筑植物センターでは接木で繁殖しているので、比較的丈夫なグレヴィレアに育ってます。 耐湿性:★★★☆☆(日向が良いですが、少しの日陰でも育ちます) 耐寒性:★★★☆☆(0度前後で育ちます) 初心者向け度:★★★☆☆(横に広がるタイプなので、扱いやすいです) オススメの土:両筑植物センター ドライの土 オススメの鉢:ルーツポーチ 伝市鉢 いぶし鉢 *育て方の相談は、LINE@ryochikudpとメールで承っています。お気軽にご連絡ください。 おすすめポイント 黄色の小さな花がきれいなグレヴィレアです。 低めに育つのは日本の家では重宝されそうです。 わりと強い性質のグレヴィレアですが、土の水はけと通気性は重要です。 両筑植物センターではドライの土を使って育てています。 グラウンドカバーとして使う場合は、植物の下にバークや石を引いて、枝葉が直接土に触れないようにするのと、こまめに剪定して通気性を良くするのが大切です! 今回はあまり出回ってない大振りサイズ。 キョーコさんが持っている画像を見てもらうとわかります! 1本で目立ちそうなカンタベリーゴールドです。 植物のサイズ 高さ0.5(鉢下から0.7)m 幅0.7m 鉢27cm ルーツポーチ チャコール5ガロンに植えています。生分解性なので、鉢のまま土に植えて2年ほどで分解されます。 ルーツポーチに植えてしばらく育てていたので、鉢の表面に苔やシミがついていますが、植物の生育には問題ありません。 *植物の発送は、注文して頂いてから1週間以内とさせて頂きますので、ご了承ください。 返品・交換についての注意事項 こちらの商品は商品の性質上、著しいダメージや損傷があった場合のみ受け付けております。お客様都合での返品、交換につきましては往復配送料のご負担でお願いしております。ご了承ください。 大きさもしくは色や形のイメージ違いによる返品・交換はお客様都合になります。 ご利用のブラウザ、モニターの性能、設定により植物の色や質感等につきましては、 現物と若干の違いが出る場合がございます。あらかじめご了承ください。 花や大きくなった状態の画像を商品画像で加えておりますが、あくまでも参考画像ですので、植物の生育環境によりましては、必ずしも同じ状態にはなりません。その点ご理解ください。